抗がん剤の副作用にはグレードがあることを理解しよう

病院

新着情報

がんは自覚症状があまりない

現代ではがんは治療可能な病気になったとはいえ、進行すると治療が難しくなってしまいます。しかしがんの症状が進んでいたとしても、ほとんどのがんは自覚症状が現れないのが特徴です。そのため、見過ごしがちになってしまうのです。

治療は万能ではない

いろんな治療が考えられていて、完治が目指せるがんですが、手術も化学療法もメリットもあればデメリットもあるのが現状です。化学療法では副作用がきつくなって治療を中断する人もいますが、小さながん細胞を死滅させるためには必要不可欠な治療なのです。

がんの治療を手助けしてくれる成分ベスト5

no.1

フコイダン

ワカメや昆布には髪を生やす作用があると昔からいわれてきました。最近ではこの海藻類特有のヌメリに、フコイダンという成分が含まれているため注目されているのです。免疫力を強化してくれるので、がん治療にはもってこいです。

no.2

アガリクス

ヒメマツタケはアガリクスとも言われていて、栄養豊富なキノコとして注目されています。アミノ酸も豊富に含んでいますので、がん細胞の増殖を抑える効果があるのです。特にβグルカンが増殖を抑える成分といわれています。

no.3

プロポリス

ミツバチの作る分泌液は昔から健康食品として注目されてきました。ミツバチは巣を作るために外部から細菌などが侵入しないように特殊な成分で巣を作っているからです。プロポリスがその一つで、葉酸などが含まれています。

no.4

メシマコブ

桑の木に棲息するキノコです。これもがんの増殖を抑える効果がありますが、他にも転移を防ぐという効果があるといわれています。予防にも効果を発揮し、普段から摂取していればがんの治療がしやすくなるでしょう。

no.5

スクワレン

鮫の肝油から作られる成分です。この脂肪分は不飽和脂肪酸であるため、抗酸化作用が期待できます。抗酸化作用とは身体の老化を防ぐ成分なので、そのため当初は化粧品として注目されてきた成分となっています。

抗がん剤よりも注目されているNK細胞療法
多くの患者が肺がん克服
[PR] <PR>
小岩で糖尿病治療が受けられるクリニックを見つける
専門性の高い治療を行なってくれる。【PR】
脳動脈瘤を改善。
「健康的な身体」を手に入れる。

知れば怖くない

看護師

抗がん剤投与への理解

がんの治療が進化するのに合わせて、社会のがん治療に対する理解も深まってきています。
例えばがんになって化学療法で治療をするとなると、まず皆の頭に浮かぶのが「毛が抜ける」「吐き気がする」などの副作用が起こるということです。
こういった症状への理解が深まっていることから、患者も治療前に心構えをすることができるのです。

様子をみながら治療する

副作用の症状があまり強くないのであれば継続して投与し続けることができます。このように、患者個人個人で症状の現れ方が違ってきますので、医師と相談しながら治療を進めていくのです。
不安であればセカンドオピニオンという第三者の医師に相談することも可能です。

副作用のグレード

様子を見ながら治療を進めていく化学療法ですが、グレードを決めて治療方針を固めていくことになります。
・グレード0か1…気分の不良程度で治まってしまう症状。このグレードなら継続ができます。
・グレード2…血液採取で異常、または吐き気などの自覚症状が強い場合。あまりにも症状が強いのであれば、抗がん剤投与が中断されることがあります。

効果が評価されるのは2クール目から

どれくらいの期間化学療法が行なわれるのかというと、一回では終わらないことが多いです。
通常であれば2クール目からがん細胞が減ったことが認められるようになるため、1クール目で副作用が我慢できないのであれば医師との相談が必要です。

漢方薬との併用を行なう

がん治療の際、体力がある人ならグレード1の症状も現れずに治療を行なうことができるケースがあります。副作用がグレード1に収められるように、普段から体力作りを心がけましょう。
また、漢方薬を使って治療を手助けする試みも為されています。

広告募集中